MUSIC & BOOK 音源・書籍

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲全集・パガニーニ狂詩曲ESSD-90274/75(SACDハイブリッド)

商品名
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲全集・パガニーニ狂詩曲ESSD-90274/75(SACDハイブリッド)
カテゴリー
音源・書籍SACD(ハイブリッド)
販売価格
8,000円(税込・10%)
販売状況
販売中
定価
8,000円(税込)
掲載日
2023/08/01
種別
新品
送料
「ゆうパケット便」または各種宅配便にて発送いたします。

全国一律300円(税込)
備考
型番 ESSD-90274/75(2枚組)
JANコード 4907034224906

※店舗併売の為、売り切れの際はご容赦ください。

この商品のお問い合わせ先

一覧へ戻る

20世紀ピアノ演奏の規範となったアシュケナージのラフマニノフピアノ 協奏曲全集

 

■ESOTERIC ならではのこだわりのSuper Audio CD ハイブリッド・ソフト
 オリジナル・マスター・サウンドへの飽くことなきこだわりと、Super Audio CDハイブリッド化による圧倒的な音質向上で継続して高い評価をいただいているESOTERICによる名盤復刻シリーズ。発売以来決定的名盤と評価され、現代にいたるまでカタログから消えたことのない名盤をオリジナル・マスターから進化したテクノロジーと感性とによってDSDマスタリングし、世界初のSuper Audio CDハイブリッド化を実現してきました。今回はDecca、Deutsche Grammophon、Warner Classics(旧EMI)の名盤から、アナログ時代およびデジタル時代を代表する名演・名録音3タイトルをSuper Audio CDハイブリッドで発売いたします。

■20世紀後半を代表する名ピアニストの足跡
 バッハから現代音楽まで網羅する幅広いレパートリー、隙のない高度な技巧、バランスの取れた音楽性、そして磨き抜かれた美音で、マウリツィオ・ポリーニ、マルタ・アルゲリッチらと並んで、20世紀後半を代表するピアニストと称され、ある時期には「ピアニスト」の代名詞ともなったヴラディーミル・アシュケナージ(1937.7.6 生)。ソ連のゴーリキー(現ニジニ・ノヴゴロド)に生まれ、6歳でピアノを始めた俊才は、2年後にはモスクワでデビュー。9歳でモスクワ音楽院の附属中央音楽学校に入学し、アナイダ・スンバティアンの元で研鑽を積み、1955年、18歳の時にショパン国際ピアノ・コンクールに出場し第2位を獲得。同年モスクワ音楽院に入学し、翌1956年エリザベート王妃国際音楽コンクール優勝を契機にヨーロッパ各国や北米を演奏旅行してセンセーショナルな成功を収め、1962年チャイコフスキー国際コンクール優勝によって国際的な名声を確立しました。1963年にはロンドンへ移住し、さらに1968年には妻の故国アイスランドに居を移し、1972年にはアイスランド国籍を取得。1970年頃からは指揮活動にも取り組み始め、ロイヤル・フィル、ベルリン・ドイツ響、チェコ・フィル、NHK交響楽団、シドニー交響楽団などのポストを歴任しています。2020年に音楽活動からの引退を表明したものの、録音として残されたレパートリーはCDにして120枚を下りません。

■小柄な体格から生み出される高水準な演奏
 身長168センチと小柄な体格にもかかわらず、頑健な肉体と柔軟な指を持ち、どんなレパートリーでも弾きこなしてしまう卓越したテクニックから生み出される万人向けのスタンダードな解釈は、まさに録音にうってつけでした。1955年ショパン・コンクールでライヴやメロディアでの初期録音を除くと、何と言っても1963年に始まる英デッカへの録音が、アシュケナージの世界的な名声確立に大きく寄与したのは間違いありません。その特徴はクラシック音楽のスタンダードなピアノ曲の大部分を精力的に網羅し、しかも高水準な演奏であり、徹底した全集主義が採られたことで、ベートーヴェン、シューマン、ショパン、ラフマニノフのピアノ作品については協奏曲と独奏曲のほぼすべてを網羅しています 。

■ラフマニノフ作品への献身
 中でも故国ロシアを代表する作曲家ラフマニノフ作品の演奏への取り組みは献身的ともいえるもので、ピアニストとしては協奏曲全曲(全集は2回、個々の作品には別録音もあり)、ピアノ独奏曲・室内楽・歌曲のほとんどをレパートリーとしていたほか、指揮者としても交響曲全曲、主要管弦楽曲、合唱曲、さらにはピアノ協奏曲をも取り上げています。それまで「ヴィルトゥオーゾが大きな音でロシア臭く骨太に弾く晦渋な作品」というイメージが強かったラフマニノフの作品に、軽みを帯びた清新な美音、見通しの良いクリアな解釈を持ち込み、その魅力を広めることに大きく貢献しました。ピアノ協奏曲の初録音は1963年のコンドラシン/モスクワ・フィルとの第2番、フィストゥラーリ/ロンドン響との第3番で、この2枚は1960年代を通じてアナログ・ステレオ時代の定番とされていましたが、1970年から翌71年にかけて録音されたプレヴィン/ロンドン響とのピアノ協奏曲全集はそれらをさらに上回り、ラフマニノフ演奏家のアシュケナージとしての名声を確たるものにしたのでした。1970年代のアシュケナージは、彼のライフワークともいうべきベートーヴェンのソナタ全集、ショパンのピアノ曲全集、モーツァルトのピアノ協奏曲全集という大きな録音プロジェクトに取り組むなどピアニストとしての一つのピークを迎えた時期に当たり、さらにピアノ演奏と並行して指揮活動も始め、音楽家としての幅も広げており、そうした充実ぶりがこの録音に反映されています 。

■作品の精神を捉える稀有な才能
 当初から全曲録音を想定して企画されたこの全集は、そうしたアシュケナージの魅力を存分に味わえる録音と言えるでしょう。鋭敏な感受性によって、作品の精神を的確にとらえ、美しいソノリティで感情豊かに描き出しています。豪壮かつ華麗な響きにも不足せず、ラフマニノフという作曲家の音楽の魅力を余すところなく味わうことができます。全4曲とパガニーニ狂詩曲すべてで保たれた高水準の演奏は、おそらくステレオ録音の全集としては初めてと思われるほど。第2番の冒頭のコードをアルペッジョで弾くこともアシュケナージの演奏で定着した感があります。アシュケナージのソロを手厚くサポートしているのがアンドレ・プレヴィン指揮ロンドン交響楽団の、これまた作曲家に熱い共感を寄せた演奏で、1968年のプレヴィン首席指揮者就任で開始され、イギリス音楽界で話題をまいていたこのコンビの絶好調ぶりを記録しています。ちょうど英EMIへの長期録音プロジェクトが始まった時期で、コンサートプレゼンスを重視したEMIとは異なり、細部まで明晰にとらえたデッカ録音でこのコンビの雄弁な演奏が記録されたのも幸運なことといえましょう。アシュケナージ+プレヴィン+ロンドン響は、この後1974~75年にかけてプロコフィエフのピアノ協奏曲全集もデッカに録音しており、1970年代とい う時代の空気が記録されています 。

■デッカ最高のスタッフがキングスウェイ・ホールで収録した見事なサウンド
 録音は全て1912年に建立されたロンドンのキングスウェイ・ホールで行われました。SPの電気録音最初期の1926年からデジタル録音が始まっていた1984年まで、オーケストラ、合唱、そしてオペラ作品の録音に引っ張りだこだった、ロンドンのもっとも有名な録音会場であり、その深みのある優れたアコースティックは数多くの名録音を生み出しています。ヴェテラン・プロデューサーであるクリストファー・レーバーンとレイ・ミンシャルがプロデュースを担い、ホールの音響特性を知り尽くしたデッカのチーフ・エンジニア、ケネス・ウィルキンソン(協奏曲4曲)とジェイムズ・ロック(パガニーニ狂詩曲)がバランス・エンジニアを担っています。アシュケナージの美しいタッチの明晰さ、ピアノとそれを包み込むように広がるオーケストラの絶妙なバランス、色彩感豊かな木管・金管を擁するオーケストラの各パートの立体感など、コンチェルト録音の模範解答のような名録音です。初CD化は1988年で、2014年には24bit/96kHz リマスター、2019年にはDSDリマス ターされてSuper Audio CDシングルレイヤーで発売されています。今回は2度目のDSD リマスターかつ、初のSuper Audio CDハイブリッド化となります。今回のSuper Audio CDハイブリッド化に当たっては、これまで同様、使用するマスターの選定から、最終的なDSDマスタリングの行程に至るまで、妥協を排した作業をおこないました。特にDSDマスタリングにあたっては、「Esoteric Mastering」を使用。入念に調整されたESOTERICの最高級機材Master Sound Discrete DACとMaster Sound Discrete Clockを投入。またMEXCELケーブルを惜しげもなく使用することで、オリジナル・マスターの持つ情報を伸びやかなサウンドでディスク化することができました。

 
 

[収録曲]
セルゲイ・ラフマニノフ
Sergey Rachmaninov

DISC 1
ピアノ協奏曲
第 1 番 嬰へ短調 作品 1
Piano Concerto No. 1 in F sharp minor, Op. 1
[1] 第 1 楽章 : Vivace
[2] 第 2 楽章 : Andante
[3] 第 3 楽章 : Allegro vivace

ピアノ協奏曲
第 4 番 ト短調 作品 40
Piano Concerto No. 4 in G minor, Op. 40
[4] 第 1 楽章 : Allegro vivace (Alla breve)
[5] 第 2 楽章 : Largo
[6] 第 3 楽章 : Allegro vivace

パガニーニの主題による狂詩曲
Rhapsody on a Theme of Paganini, Op. 43
[7] 序奏と第 1 変奏 I ntroduction & Variation 1
[8] 主題 Theme
[9] 第 2 変奏 Variation 2
[10] 第 3 変奏 Variation 3
[11] 第 4 変奏 Variation 4
[12] 第 5 変奏 Variation 5
[13] 第 6 変奏 Variation 6
[14] 第 7 変奏 Variation 7
[15] 第 8 変奏 Variation 8
[16] 第 9 変奏 Variation 9
[17] 第 10 変奏 Variati on 10
[18] 第 11 変奏 Variation 11
[19] 第 12 変奏 Variation 12
[20] 第 13 変奏 Variation 13
[21] 第 14 変奏 Variation 14
[22] 第 15 変奏 Variation 15
[23] 第 16 変奏 Variation 16
[24] 第 17 変奏 Variation 17
[25] 第 18 変奏 Variation 18
[26] 第 19 変奏 Variation 19
[27] 第 20 変奏 Variation 20
[28] 第 21 変奏 Variation 21
[29] 第 22 変奏 Variation 22
[30] 第 23 変奏 Variation 23
[31] 第 24 変奏 Variation 24

DISC 2
ピアノ協奏曲
第 2 番 ハ短調 作品 18
Piano Concerto No. 2 in C minor, Op. 18
[1] 第 1 楽章 : Moderato
[2] 第 2 楽章 : Adagio sostenuto
[3] 第 3 楽章 : Allegro scherzando

ピアノ協奏曲
第 3 番 ニ短調 作品 30
Piano Concerto No. 3 in D minor, Op. 30
[4] 第 1 楽章 : Allegro ma no n tanto
[5] 第 2 楽章 : Intermezzo (Adagio)
[6] 第 3 楽章 : Finale (Alla breve)

ヴラディーミル・アシュケナージ(ピアノ)
Vladimir Ashkenazy, Piano
ロンドン交響楽団
London Symphony Orchestra
指揮:アンドレ・プレヴィン
Conducted by André Previn

[録音]1970年3月25日&26日(第 1 番)、1970年10月20日~23日(第 2 番・第 4 番)、1971年3月29日&30日(第 3 番)、1971年11月29日&30日(狂詩曲)、ロンドン、キングスウ ェイ・ホール
[初出][第 1 番・第 2 番] SXL 6554 (1972年[第 3 番] SXL 6555 (1972年[第 4 番・狂詩曲] SXL 6556(1972年[全集] SXLF 6565-67 (1972年)
[日本盤初出][第 2 番・狂詩曲] SLA1033 (1972年10月)*[第 3 番] SLC2265 (1972年11月)[第 1 番・第 4 番] SLC2266 (1972年12月[全集] SLE1001~3(1977年7月21日)
*日本では、オリジナル・カップリングとは異なり、第 2 番はパ ガ ニーニ狂詩曲とのカップリングで発売されましたが、これは作品のポピュラリティを考慮してのことと思われます。また全集としての発売が単売から5年後だったことも、全集・単売ともに 同一年 に発売された英デッカオリジナルとは異なっています。

[オリジナル・レコーディング]
[プロデューサー]レイ・ミンシャル(第 1 番・第 3 番・狂詩曲)、クリストファー・レーバーン(第 2 番・第 4 番)
[バランス・エンジニア]ジェームズ・ロック(狂詩曲)、ケネス・ウィルキンソン(協奏曲)
[レコーディング・エンジニア]コリン・ムアフット(第 1 番) 、トリッグ・トリグヴェイソン(第 2 番・第 3 番・第 4 番)

[Super Audio CD プロデューサー] 大間知基彰(エソテリック株式会社)
[Super Audio CD リマスタリング・エンジニア] 東野真哉(エソテリック株式会社)
[テクニカルマネージャー 加藤徹也](エソテリック株式会社)
[Super Audio CD リマスター] 2023年2月 エソテリック・ マスタリング・センター、「Esoteric Mastering」システム

[解説]浅里公三 増田良介
[企画・販売]エソテリック株 式会社
[企画・協力]東京電化株式会社
 
発売日:2023年6月17日