MUSIC & BOOK 音源・書籍

マリア・ジョアン・ピリス/ショパン:夜想曲集 第1~5・8・9・12~16・19~21番, ESOTERIC [ESSG-90260]

商品名
マリア・ジョアン・ピリス/ショパン:夜想曲集 第1~5・8・9・12~16・19~21番, ESOTERIC [ESSG-90260]
カテゴリー
音源・書籍SACD(ハイブリッド)
販売価格
4,000円(税込・10%)
販売状況
販売中
定価
3,636円+税
掲載日
2022/06/18
種別
新品
送料
「ゆうパケット便」にて発送いたします。

全国一律300円(税込)
(厚さ3㎝以下の大きさでの発送・追跡サービスが利用でき、郵便ポストに配送されます。補償サービスは付いていません)
ゆうパケット
備考
型式 ESSG-90260
JANコード 4907034224333
コード 100461403

■Super Audio CD

※店舗併売の為、売り切れの際はご容赦ください。

この商品のお問い合わせ先

一覧へ戻る

聴きなれたショパンの夜想曲からも独自の美を引き出すピリス

 

〈ピリスの原点であるショパン〉

ポルトガル出身の女流ピアニスト、マリオ・ジョアン・ピリス(1944年リスボン生まれ)が世界的な注目を浴びたのは1970年のベートーヴェン国際コンクール優勝がきっかけでした。そしてレコーディング・アーティストとしてのピリスの名を大きくアピールしたのは1974年初頭に約1か月半をかけて東京イイノ・ホールで録音されたモーツァルトのピアノ・ソナタ全集という大作。日本コロムビアから発売されたこの8枚組の全集は、ヨーロッパではフランスのエラート・レーベルで発売されADFディスク大賞、エディソン賞など重要なレコード賞を受賞し、まだ30歳になったばかりの「新しい世代のモーツァルト弾き」としてのピリスの姿を鮮烈に印象付けたのでした。しかしピリスにとって最初のソロ・アルバムはそれより3年前の1971年9月に東京・世田谷区民会館で収録されたオール・ショパン・プログラムだったのです(東芝EMI・未CD化)。バラード第1番と幻想ポロネーズという人気大作を軸に、ワルツを3曲、練習曲と夜想曲を1曲ずつ配した構成は1枚のアンソロジーとして見事で、清冽な演奏は発売当時大きな注目を浴びました。このアルバムの選曲もピリスが後に辿る足跡を暗示しているかのようで、バラードと練習曲以外はのちに再録音しています。

 

〈ピリスの絶品レパートリー、ショパン〉

小柄で手も小さいピリスがモーツァルトを得意としたのは自明の理ですが、演奏レパートリーもモーツァルトを中心として、ベートーヴェン、シューベルト、シューマンあたりのロマン派までがその大半を占めています。大きな音や派手な表現で大向こうを張るタイプとは真逆のピアニストであるがゆえに、ショパン作品でもスケルツォやバラードのような作品よりも、ワルツや夜想曲のようなインティメートな音楽において、その真価をより明確な形で発揮できるのもごく自然なこと。その意味で、1990年代のドイツ・グラモフォンとの録音契約の中で、ショパンの夜想曲全集の録音がようやく実現したのはじつに幸運なことで、ピリス・ファンにとっても、いやクラシック音楽の愛好家にとって、待ちに待ったリリースとなったのでした。

 

〈ショパンが生涯にわたって取り組んだ夜想曲の理想的な演奏〉

ショパンの夜想曲は、彼が20歳の時から晩年に至るまで生涯にわたって創作し続けたジャンル。「夜想曲(ノクターン)」ラテン語で夜をさす「ノクス(nox)」から派生した名称で、ピアノ独奏曲としての夜想曲というジャンルは、アイルランドの作曲家ジョン・フィールドが創始しました。ショパンはワルシャワ時代にすでにフィールドの作品に接して共感を覚え、ベルカント唱法をピアノ音楽で表現することに長じ、サロン向けの音楽を作る必要のあったショパンにとっては、打ってつけの楽曲形式でした。ショパンの夜想曲は、美しさ、弾きやすさに加えて、芸術的な深みを持ち合わせた作品として、現在でも不動の人気をもっています。ショパンの夜想曲は、作品ごとに彼自身の作風の変遷を辿ることもでき、フィールドの影響が色濃く残されている初期の作品から出発し、時を経るにつれて作曲技法が深化し、ショパン独特の境地へと発展していく様子が刻み込まれています。ほとんどがシンプルな三部形式で、ゆっくりとしたテンポを基調に、美しいカンティレーナが歌われていきますが、孤独感、懐かしさ、哀しみなど、極めて豊かな感情の起伏が音化されていて、そうした要素をどこまで汲み取れるかがピアニストにとっての試金石。また後期の作品になればなるほど、情緒が濃厚になり、そこで表現されている感情世界も広く深くなっていくのも大きな特徴です。50歳を越えたピリスは、夜想曲のそれぞれに個性的な風貌を、粒ぞろいの美音と、過度にならない自然なニュアンス付け、豊かでふくよかな充実した響きで彩っていきます。過度に感情的な身振りを持ち込まず、むしろストイックなまでに緻密なコントロールを聴かせつつも、決して堅苦しくない雰囲気を持つ演奏は、音楽や作曲家に対して常に真摯な姿勢で臨んできたピリスの人柄を反映しているかのようです。結果として日本での1996年度「レコード・アカデミー賞」をはじめ、世界各地でさまざまな賞を受賞するなど、極めて高く評価されています。

 

 

収録曲

フレデリック・ショパン(1810-1849)

夜想曲集

1.第1番 変ロ短調 作品9の1

2.第2番 変ホ長調 作品9の2

3.第3番 ロ長調 作品9の3

4.第4番 ヘ長調 作品15の1

5.第5番 嬰ヘ長調 作品15の2

6.第8番 変ニ長調 作品27の2

7.第9番 ロ長調 作品32の1

8.第12番 ト長調 作品37の2

9.第13番 ハ短調 作品48の1

10.第14番 嬰へ短調 作品48の2

11.第15番 ヘ短調 作品55の1

12.第16番 変ホ長調 作品55の2

13.第19番 ホ短調 作品72の1

14.第20番 嬰ハ短調(遺作)

15.第21番 ハ短調(遺作)

 

マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ)

 

[録音]
1995年1月2日~5日(第1~5番、第8・9番)
1996年1月2日~4日(第12~14番、第19番)
1996年4月7日~9日、ミュンヘン、音楽大学大ホール
1996年6月20日・21日、ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール(第20・21番)
[初出]
447 096-2(1996年)
[日本盤初出]
POCG11986~7(1996年10月)

[オリジナル・レコーディング]
[エクゼクティヴ・プロデューサー]クリストファー・オールダー
[レコーディング・プロデューサー]ヘルムート・バーク
[レコーディング・エンジニア]ヴォルフ=ディーター・カルヴァトキー、ラインヒルト・シュミット
[エディティング]ヨープスト・エーベルハルト、ラインハルト・ラーゲマン

 

[Super Audio CDリマスタリング]
[プロデューサー]大間知基彰(エソテリック株式会社)
[リマスタリング・エンジニア]東野真哉(エソテリック株式会社)
[テクニカル・マネージャー]加藤徹也(エソテリック株式会社)
[解説] 諸石幸生 寺西基之
[企画・販売]エソテリック株式会社
[企画・協力] 東京電化株式会社