MUSIC & BOOK 音源・書籍

堀内孝雄 / ≪ベスト≫, Stereo Sound[SSAR-051]

商品名
堀内孝雄 / ≪ベスト≫, Stereo Sound[SSAR-051]
カテゴリー
音源・書籍LPレコード
販売価格
8,800円(税込・10%)
販売状況
販売中
定価
8,000円+税
掲載日
2021/05/07
種別
新品
送料
ゆうパック「80サイズ」にて発送いたします
基本運賃表(山形)
備考
型式SSAR-051
JANコード 4571177052674
コード 100358201

■仕様:33回転 180g 重量盤
■完全限定生産

※店舗併売の為、売り切れの際はご容赦ください。

この商品のお問い合わせ先

一覧へ戻る

『堀内孝雄』 待望のアナログ盤が誕生。
名匠、武沢茂による入魂のカッティングサウンド。

 

「ベーヤン」の愛称で親しまれてきた堀内孝雄のアナログレコードがお届けできることとなりました。

 堀内孝雄は’71年、谷村新司、矢沢透と共にバンド「アリス」を結成。バンドメンバーの中では谷村新司との絶品のツインヴォーカルを聴かせ、また作曲家としても「遠くで汽笛を聞きながら」「冬の稲妻」「ジョニーの子守唄」「夢去し街角」「秋止符」など、アリスとしての代表曲を手掛けたことでも知られています。その後ソロ歌手としては、フォーク系ニューミュージックから「ニューアダルトミュージック」と称する演歌・歌謡曲路線へと転向していきました。

 

このレコードには、その時代のヒット曲である’80年代~’90年代の楽曲を中心に、2000年以降の作品では新たなアレンジで新録された楽曲を収録しています。「影法師」「河」「ガキの頃のように」「カラスの女房」「冗談じゃねえ」「東京発」「恋歌綴り」の7曲は 、’88年、テレビ朝日系列で東映の制作によりシリーズ化された日本の刑事ドラマ、藤田まこと主演による「はぐれ刑事純情派」の主題歌として知られる名曲です。

アリスからデビューし、2021年の今年、歌手生活50周年を迎えた記念すべき年にお届けすることが叶ったこのレコードは、毎回献身的な仕事ぶりで歌心に寄り添い続け名歌手のアナログ盤カッティングを手掛けてきた日本コロムビアの名匠、武沢茂エンジニアの手によって入念に仕上げられています。

待望の堀内孝雄アナログ盤をお楽しみください。

 

収録曲

 
[Side A]

1. 影法師
2. 河
3. ガキの頃のように
4. カラスの女房(ニューバージョン)
5. 冗談じゃねえ

 

 

[Side B]

1. 恋唄綴り
2. 東京発
3. 遠くで汽笛を聞きながら(ゴスペル・バージョン)
4. 恋文
5. 灯(ともしび)

 
 
●カッティング エンジニア

武沢 茂(日本コロムビア株式会社)