MUSIC & BOOK 音源・書籍

ヴィヴァルディ/協奏曲集《四季》,Stereo Sound[SSHRS-051/052]

商品名
ヴィヴァルディ/協奏曲集《四季》,Stereo Sound[SSHRS-051/052]
カテゴリー
音源・書籍SACD(ハイブリッド)
販売価格
5,500円(税込・10%)
販売状況
Sold Out
定価
5,000円+税
掲載日
2021/03/22
種別
新品
送料
ゆうパック「60サイズ」にて発送いたします
基本運賃表(山形)


ゆうパケットも利用可能です。
追跡サービスが利用でき、郵便ポストに配送されます。補償サービスは付いていませんが全国一律送料300円で配送できます。ご注文の際にお申し付けください。
ゆうパケット
備考
SACDハイブリッド

型番 SSHRS-051/052
JANコード 4571177052476


100349501


















この商品のお問い合わせ先

一覧へ戻る

オーディオ名盤コレクション【クラシック篇】
ステレオサウンド社が〈シングルレイヤーSACD+CD〉という仕様で、クラシックの名演・名録音を本国のアナログ・マスターテープからのフラットトランスファーによってデジタルディスク化している「オーディオ名盤コレクション《クラシック篇》」。2018年秋の第2期に続いて、いよいよ第3期の4タイトルが登場します。

ジョナサン・ストークス氏によるデジタルトランスファー
アナログテープからのデジタル化を担当したのは、デッカ出身でClassic Sound Ltd UKに所属するエンジニアのジョナサン・ストークス氏です。このベテランエンジニアがステレオサウンド社からのリクエストにより、アナログ・マスターテープから、コンプレッサー等の使用を一切排したフラットトランスファーによって、デジタル化を行なっています。そのためマスターテープに含まれるヒスノイズやドロップアウトは残ったままですが、限られた関係者のみが聴くことの許されたマスターテープの音をできるかぎり忠実に2種類(SACDとCD)のデジタルディスクに封じ込めています。

[収録曲]
アントニオ・ヴィヴァルディ
Antonio Vivaldi (1678-1741)協奏曲集《四季》
Le quattro stagioni
校訂:ヴィットリオ・ネグリ
Revision: Vittorio Negri (1923-1998)

協奏曲 第1番 ホ長調 RV269《春》
Concerto for Violin and Strings in E major,
Op. 8 No. 1 RV 269 “La primavera”
①第1楽章:Allegro[3:47]
②第2楽章:Largo[3:00]
③第3楽章:Allegro(Danza pastorale)[4:41]

協奏曲 第2番 卜短調 RV315《夏》
Concerto tor Violin and Strings in G minor,
Op. 8 No. 2 RV 315 “L’estate”
④第1楽章:Allegro non molto – Allegro[5:19]
⑤第2楽章:Adagio – Presto – Adagio[2:23]
⑥第3楽章:Presto (Tempo impetuoso d’estate)[2:54]

協奏曲 第3番 へ長調 RV293《秋》
Concerto for Violin and Strings in F major,
Op. 8 No. 3 RV 293 “L’autunno”
⑦第1楽章:Allegro (Ballo, e canto de’villanelli)[5:59]
⑧第2楽章:Adagio molto (Ubriachi dormienti)[2:44]
⑨第3楽章:Allegro (La caccia) [3:44]

協奏曲 第4番 へ短調 RV297《冬》
Concerto for Violin and Strings in F minor,
Op. 8 No. 4 RV 297 “L’inverno”
⑩第1楽章:Allegro non molto[3:22]
⑪第2楽章:Largo[2:40]
⑫第3楽章:Allegro[3:05]

フェリックス・アーヨ(ヴァイオリン)
Felix Ayo, Violin

イ・ムジチ合奏団
I Musici

録音:1959年4月29日~5月6日 ウィーン

Recording: Wien, 29 April – 6 May 1959
Recording Producer: Vittorio Negri
Recording Engineer: Tony Buczynski
Recording Engineer: Hans Lauterslager