Audiolab Used Restore

フルレストアの記録 『YAMAHA NS-1000M』の場合


。o○ いわずと知れた日本の誇るスピーカーです○o。

どなたも一度はご覧になったことがあるのでは?
今回は外装まで含めたフルレストアです。

ごゆっくりご覧ください!!
(作業自体は2009年です。。。スミマセン。大切に抱えてまして。。)

 


買い取ってきた状態です。ツィーターは諸事情により外れています。。。

 


天板に大きな塗装剥れが。キズは深くないようです。

 


全体的に表面はくすんでいます。年式を考えれば当然ですよね。

 


スピーカーの背面はなかなか掃除することもできず、ホコリはたまってしまいます。

 


こちらはツィーター。フランジも経年の汚れ、クスミがあります。

 


ツィーターの裏側です。

 


こちらは新品のツィーターユニットです。今回は新品に交換します。

 


新品を開けた状態。きれいですね。フランジもこのとおり。
ゴムパッキンは白っぽいですが後ほどきれいにクリーニングします。

 


こちらはスコーカー。スコーカーは新品ユニットが無いのでオーバーホールを行います。
ヤマハさん、できればスコーカーも供給してもらえたらみんな幸せですよ〜!

 


スコーカーの背面です。

 


ネットを外すとこれだけのホコリが!

 


通常使用では外せない場所ですので、どうしても堆積してしまいます。

 


さらに分解しました。

 


磁気回路は比較的良い状態のようです。

 


こちらはボイスコイル。

 


よく見ないとわかりませんがコイルの根元に緑青が!!これは処理が必要です。

 


フランジも研磨し、再塗装しました。新品ユニットに負けない仕上がりです。

 


最後にウーハーです。

 


フランジの酸化もかなり進行しています。

 


磁気回路側。この固体は固着のしておらずまずまずでした。

 


ウーハーも新品ユニットに交換します。

 


開けたところ。やっぱりきれいです。
ゴムパッキンは。。。のちほどきれいにします(汗)
ご勘弁を m(_ _ )m 

 


コーンの色は黒っぽいのが新しいユニットの特徴です。

 


ネットワークです。よごれはなかなかのもの。

 


2階建ての構造となっています。 乾電池みたいなものはコンデンサです。

 


コンデンサの配線に緑青が見えます。

 


2階建てを全部取り外し、基盤の半田も打ち直します。

 


今回の固体はコンデンサの容量抜けもなく、パーツはオリジナルを温存できました。

 


緑青の発生していたコンデンサは配線を全て交換します。

 


ついでにターミナルを新品に交換します。

 


今では手に入らない新品ターミナルです。希少です。

 


古いターミナルをきれいに除去。結構大変なのです。

 


ネットワークの作業が完了です。

 


最後にアッテネーター。こちらもホコリ、汚れがひどいです。

 


全体を分解してクリーニング。

 


アッテネーターは新品部品がありますので新品に交換します。

 


こちらが新品。

 


今回はフルレストア。もちろんエンクロージャーもレストアしました。

 


ステッカーもはがして全体を再塗装。ご覧のとおり。

 


背面もきれいになりました。

 


各部固定ネジ。純正品ではありませんが、同じ素材、同じ大きさの新品を準備しています。

 


こちらはツィーターとスコーカー用。

 


ネットワークの固定ネジです。

 


ついに完成です。 当社視聴室にて。

 


見違えるようにきれいになりました。もちろん音質も新品の頃へ。

 


ツィーター。こちらは新品。

 


スコーカー。こちらは中古ですが、レストア品。

 


ウーハー。こちらも新品です。

 


アッテネーターは中身は新品で、ケースはレストア品。

 


ネットワークはターミナルの輝きが映えます。

 


これからもまだまだ現役です!!
音楽的なアプローチが現代スピーカーとは異なりますが、でも、いいものはいい!
私見ですがそのように感じますね。

ご覧いただきありがとうございました。

 

TOP  AudioShop  スピーカー修理工房  スピーカー修理事例   お問い合わせ