フルレストアの記録 『JBL L101(ランサー101)』の場合

2008年8月、『JBL L101』のご予約をいただきました。まことにありがとうございます。
『JBL L101』といえば、美しい格子グリルと小ぶりなハチノスホーンが代名詞です。ご覧になっている方の中にも思い出の一品である方もいらっしゃるかな、と思います。
長いページですがごゆっくりご覧ください。

作業前の外観、ユニット取り外し

レストア作業 分解前 正面

1.作業前の外観です。
周りが雑多で申し訳ございません。倉庫引越しの最中でした。

レストア作業 分解前 斜め上

2.格子も天板も、大きなキズなどもなくなかなかの固体です。

レストア作業 分解前 格子グリル無し

3.往年を髣髴させるランサロイエッジです。

レストア作業 分解前 バックショット

4.バックショットです。


レストア作業 分解前 仰向け

5.ところかわり、店頭に持ってきました。今は仰向け状態です。

レストア作業前 格子グリル

6.ネットはこのような状況。内側の生地にカビが見られます。

レストア作業 分解前 LE175アップ

7.175DLHです。ハチノス MINI、といった感じでしょうか?

レストア作業 分解前 LE14Aアップ

8.ランサロイエッジはすでに硬化しており、十分な振幅は望めません。


レストア作業 分解前 LX10アップ

9.ネットワークも時代の流れを思わせます。

レストア作業 各ユニット取り外し

10.ユニットを取り外しました。

 
 

ドライバー LE175 レストア作業

レストア作業前 LE175

1.ドライバー全体のショットです。

レストア作業 LE175ホーン取り外し

2.ドライバーのホーンを外しました。

レストア作業 LE175磁気回路カバー取り外し

3.磁気回路カバーを外しました。

レストア作業 LE175ダイヤフラム取り外し

4.ダイヤフラムを外し、磁気回路のオーバーホールにとりかかります。


レストア作業 LE175ダイヤフラムアップ

5.ダイヤフラム、これがユニットの心臓部です。

レストア作業 LE175磁気回路カバー吸音材

6.吸音材がボロボロに崩れて異常音になっている場合もあります。

レストア作業 LE175ホーン分解前

7.わかりにくいですがホーンの内部まで汚れています。

レストア作業 LE175ホーン分解

8.ホーンを分解しクリーニングを行います。


レストア作業 LE175磁気回路オーバーホール後 その1

9.磁気回路のオーバーホール、防錆処理を行い綺麗になりました。

レストア作業 LE175磁気回路オーバーホール後 その2

10.磁気回路の外周も綺麗にしました。

レストア作業 ターミナル等クリーニング前

11.ターミナル、ビス共に酸化しています。

レストア作業 ターミナル等クリーニング後

12.クリーニングを行いピカピカになりました。ビスは代替品新品に交換します。


磁気回路カバーの吸音材貼替え後

13.磁気回路カバーの吸音材は綺麗に剥がし、代替品に貼替えます。

磁気回路カバーにターミナル取り付け

14.クリーニングしたターミナルを磁気回路カバーに取り付けました。

ダイヤフラム取り付け、動作調整

15.ダイヤフラムを取り付け、調整が完了しました。磁気回路カバーで蓋をすれば修理完了です。

 

ウーハー LE14A レストア作業

レストア作業前 LE14A

1.ランサロイエッジです。完全に硬化しています。

磁気回路オーバーホール前

2.コーン紙を剥離しました。磁気回路はかなり酸化しています。

磁気回路アップ

3.ちょっとわかりにくいですが、ギャップ内に鉄粉の破片があります。

フランジを外した状態

4.磁気回路のオーバーホールにとりかかります。


フランジのみの状態

5.磁気回路からフランジを取り外しました。

ブッシュ破損

6.破損したブッシュです。

ターミナルクリーニング前

7.クリーニング前のターミナルです。

ターミナルクリーニング後

8.クリーニング後のターミナルです。


磁気回路オーバーホール後

9.磁気回路をオーバーホールしました。ここまで綺麗になると気持ちがいいですね!

磁気回路、フランジ組み付け

10.磁気回路とフランジを組付けました。フランジも研磨し綺麗になりました。

リコーンキット

11.リコーンキットを開梱しました。

ウーハーのレストア完了

12.ウーハーのレストアが完了しました。綺麗になり我ながら満足です。


ネットワーク LX10 レストア作業

LX10 レストア前

1.全体的にかなりくたびれています。

LX10 バックショット

2.かなり埃が堆積しています。クリーニングのやり甲斐がありそうです。

LX10 内部

3.裏蓋を外し内部の状態を確認します。

アッテネーターのツマミ

4.アッテネーターのツマミです。汚れが気になります。


ターミナルクリーニング後

5.ターミナルをクリーニングしました。

ターミナル取り付け後

6.ネットワークBOXの状態があまりに酷く今回はBOXの全塗装も行いました。

ネットワークBOX全塗装

7.ネットワークBOXの塗装、研磨は我ながら満足のいく仕上がりになりました。

アッテネーター交換後 バックショット

8.アッテネーターを代替品に交換しました。


アッテネーターのツマミ研磨後

9.アッテネーターのツマミも全塗装、研磨を行いました。

LX10 レストア完了

10.ネットワークのレストアが完了しました。あんなに汚れていたなんて想像もつかないくらい綺麗に仕上がりました。

 
 

エンクロージャー、各部固定ビス レストア作業

エンクロージャー レストア

1素地調整を行いオイルで仕上げました。

格子ネット

2.グリルはクリーニングし傷のある部分のみタッチアップします。

各部固定ビス

3.固定ビスも酸化しています。酸化除去して防錆処理を行います。

新品のネジ、防錆処理したネジ

4.ネジも綺麗にしました。


JBL L101 レストア作業完了

レストア完了 その1

1.ついにL101が完成しました。

レストア完了 その2

2.片方のグリルを外してのショットです。

レストア完了 その3

3.別角度から。

レストア完了 その4

4.レストアが完了しエージング中です。


レストア完了 その5

5.新品のコーン紙は綺麗なので見惚れてしまいそうです。

レストア完了 その6

6.レストア完了後バックショットです。

レストア完了 その7

7.格子グリルも綺麗になり見た目はバッチリです。

 


あとがき

JBL L101 エンブレム イメージ画像

最後までありがとうございました。

実際のレストアからずいぶんと長い月日がたってしまいました。すでに新しいオーナー様のもとに旅立っていきましたが、こうして振り返ってみて、今もかわいがられているといいな~、と心から思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。



ページトップ

© Audiolab All Rights Reserved.