専用輸送箱を利用したスピーカーユニットの梱包方法 その2

TANNOY MonitorGOLD15、HPD385、3828 など

輸送箱 お届け時の状態
その1

輸送箱のご依頼を受けましたら梱包するユニットに合わせた輸送箱をお届けします。
※箱代(お届け時の送料を含む)として ¥3,240- 申し受けます。(修理完了時に修理費用と合わせてお支払いいただきます)


輸送箱 同梱品紹介
その2

中を開けると以下のものが入っています。

・ナイロン袋 2枚
・PPバンド+ストッパー 2組
・単層ダンボール板 2枚
・積層ダンボール底板 2枚
(円形の抜きあり)
・ダンボール円筒 2本


ユニットをビニール袋で包んだ状態
その3

ユニットをビニール袋で包みます。ビニールがたるまないよう余った部分は束ね、テープなどで固定して下さい。





輸送箱の中身をすべて取り出し、ユニットを入れる準備をした状態
その4

輸送箱の中身をすべて取り出し、ユニットを入れる準備をします。



ビニールで包んだユニットが箱に収められた状態
その5

ビニールで包んだユニットを輸送箱に収めます。輸送箱底部のくぼみはユニットのフランジがちょうどはまるようになっています


輸送箱にユニット、ダンボールの円筒が収まった状態
その6

ユニットの周りにダンボールの円筒を収めます。この際、輸送箱底部のくぼみに円筒がはまるようにすると安定します。また緩衝材を空間に収めます。



輸送箱 中蓋をはめた状態
その7

ダンボール板の長辺両端を折り目に合わせて折り、中蓋として輸送箱に収めます。



輸送箱を梱包用テープで閉じた状態
その8

梱包用テープを用い、輸送箱の蓋を閉じます。




梱包が完了した2つの箱をPPバンドで束ねた状態
その9

2つのユニットを梱包したら、それぞれをPPバンドで1つに束ねます。緩みがあると輸送事故の原因になりますので、縦と横できちんと縛ってください。上の箱と下の箱をテープで固定するとずれにくくなる為より安全です。



お疲れ様でした。
あとは運送会社のかたに連絡し、集荷の依頼をお願いします。

以下、当社の送付先です。
【送付先】
〒997-0032山形県鶴岡市上畑町5-20
オーディオラボ スピーカーサービス部
0235-29-1225

ページトップ

© Audiolab All Rights Reserved.