スピーカー修理工房

修理品 お預かりと納期について


ユニット単体でしたら、お預かりはいつでも可能、納期は約4週間です。

システムでのお預かりはご予約制となっており、ご予約順にお預かりしております。 

詳細はこちら

耳を澄ましてみてください。
鳴きやひずみ、低音域にびりつきなどはありませんか?スピーカーユニットの磁気回路は金属でできています。またエッジ の材質にはウレタンが多く使われています。磁気回路、エッジいずれも、スピーカーが美しい音色を奏でるためにとても重要な部分です。 しかし、年数を重ねる毎に必ず劣化していきます。特に日本は、高温多湿、温度変化大、寒冷地では冬に石油ストーブなどを使う場合が多く、結露などの影響で 劣化が進みやすい環境にあります。

そんなときは。。。お任せ下さい。これからも末永く大切なスピーカーをお使いいただけるよう、私たちが責任をもってお客様のスピーカーを修理いたします。

修理の受付から修理品預かりまでの流れ

『1』 まずはお問い合わせ!

まずはお問い合わせください。
機種によっては修理ができないもの、また輸送段階で破損する恐れのあるものがあります。
修理品をお送りいただく前にお気軽にご連絡ください。
メール、電話、FAX 。。。何でもかまいません。





輸送箱イメージ
『2』 輸送箱の準備~提供

修理するスピーカー(ユニット)を適当な輸送箱に入れ、お送りください。

当社ではユニット用の輸送箱から大型システムの輸送箱まで多数取り揃えております。
適当な箱がない場合当社で準備しますのでお気軽にご連絡下さい。




トラックのアイコン
『3』 運送会社へ集荷依頼

梱包がすんだら修理品の発送をお願いします。
また、スピーカーシステムのような大型の荷物は梱包が重要になります。

ピアノ搬送など、重量物を扱うことができる会社い依頼いただくことをオススメします。

※ヤマト運輸らくらく家財宅急便のスピーカー取扱い中止に関し、現在対応を検討中です。



分解された『JBL 4343B』
『4』 確認作業~見積書作成

修理品が届き次第、可能な限り分解し、徹底的に内部を確認します。修理に必要な作業を検討し、お見積書を作成、お届けします。非常に細かな内容になりますのでEメール、FAXまたは郵送でお届けしています。



修理作業実施中
『5』 修理作業

お見積もりに対し承諾いただきましたら早速修理作業を開始します。
ユニット単体だと約2週間、システム全体では約1ヶ月程度の時間をかけ、一つ一つすべて手作業で実施します。一歩一歩、かつての輝きを取り戻していきます。


『JBL 4343WX』 修理完成品
『6』 修理作業完了

修理作業完了です。最終のチェックを行った後スピーカーシステムに関しては数日間のエージングチェックを行います。新品に交換された部品もありますのでできる限りエージングを行います。少しずつかつてのすばらしい音楽を奏でるようになります。



トラックのアイコン
『7』 修理完了品のお届け

修理の完了したスピーカーをお返しします。できる限り輸送事故のリスクを下げるよう、梱包は私たちオーディオラボスタッフにて行います。






olympus セッティング
『8』 修理完了品の確認

修理完了品がお手元に届きましたら音だしチェックをお願いします。とくにユニット単体でのお預かりの場合、システムに組み込んでの動作確認がとても重要になります。スピーカーがかつての音色を取り戻していることをご確認ください。



オーディオラボ マスコットの二人(イラスト)
ありがとうございました

動作の確認により問題のないことを確認いただきましたら私たちの仕事は完了します。修理品と同封している修理明細書をご確認いただき、修理費用のお支払いをお願いいたします。
修理作業の完了したスピーカーはきっと末永くすばらしい音楽を奏でてくれると思います。



修理料金表

エッジ交換、磁気回路オーバーホールなど、修理に係る料金を紹介しています。

修理品の梱包と発送について

専用の輸送箱をご用意するなど、配送・梱包には充分に配慮しています。

修理をお受けできない製品

構造上あるいは部品の汎用性などの理由から、修理のご依頼をお受けできない場合がございます。予めご了承いただけますよう、お願い申し上げます。

a

修理品 お預かりと納期について(2017年07月22日更新)

ユニットでのお預かり

いつでも お預かり可能

お客様ご自身でユニットをはずして送っていただける場合は、いつでもお預かりいたします。通常数日中にお見積もりを提出いたします。修理期間はお見積もりご承諾後、約4週間です。

システムでのお預かり

2018年 9月 以降お預かり可能

大変込み合っておりご迷惑をおかけしております。システムでお預かりの場合は、まずはご予約をお受けし、順次お預かりさせていただきます。お見積もり期間、修理期間は作業内容により異なります。


※機種、状態により、納期は変動する可能性がございます。
※ネットワークはシステム扱いとなります。

フルレストアの記録(スピーカー修理事例)

JBL L101 正面写真
フルレストアの記録 追加

前回のアップから長い期間があいてしまいました。今回は「これぞJBLサウンド!」『JBL L101(ランサー101)』の場合です。ごゆっくりご覧ください。

詳細はこちら



上記以外にもたくさんのレストア内容を紹介しています。

→『フルレストアの記録』へ

具体的な修理内容のご案内

スピーカー修理、といってもどのようなことをするかピンとこないかも知れません。
一部ですが、具体的な修理内容をご案内します。

→取り扱いターミナル一覧

→ヒノオーディオ製 Autograph用ネット生地 サンプルページ


※以下の項目は準備中です。もうしばらくお待ち下さい
→磁気回路オーバーホール
→コーン紙全体貼替え
→エッジ貼替え


スピーカーの修理、ご相談、お問合せ先

〒997-0032山形県鶴岡市上畑町5-20
専用電話番号:0235-29-1225
オーディオラボ スピーカーサービス部
お問い合わせフォームへ



お問い合わせはこちら→




ページトップ

© Audiolab All Rights Reserved.