2015年10月12日(月)

「JAZZ CINEMA FANTASY」リリース記念、ハイレゾ試聴会レポート

10月11日(日)、当店オーディオラボオガワにて『JAZZ CINEMA FANTASY』発売記念、ハイレゾ体験会を開催しました。

 
時折土砂降りになるなどお天気の悪い1日でしたが、たくさんの方にご来場いただきました。
スタッフ一同、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました!
 
では、さっそく当日の様子をレポートします。
 

ハイレゾってなんだか難しそう…。
理屈で説明されてもイマイチわからない…。
ホントにそんなにいい音なの?

そんなお声をよく聞きますので、今回はJAZZ、歌謡曲、クラシックなどジャンルを織り交ぜて、同じ楽曲を CD とハイレゾで聞き比べていただきました。

まずは今回のメイン試聴 CD である『JAZZ CINEMA FANTASY』から。

 
こちらは CD 自体が DSD11.2MHz という超高音質録音のため CD 音源でも十分すばらしいのですが、ハイレゾで聴くとさらに高音が伸び、音の広がりを感じることができました。ジャズの迫力が耳だけでなく体に伝わってくる感じです。

多くのお客様もじっと目を閉じて、聴き入ってくださいました。

このアルバム、音質はもちろんですが、選曲、演奏もとてもとても素晴らしく、ご来場いただいた複数の方からその場でお買い上げいただいたほど。
気に入っていただけて良かったです。
ありがとうございます!

そして、いちばんお客様のお顔が「!」となったのは、岩崎宏美さんの「ロマンス」を聴き比べたとき。
 
ハイレゾ音源では、ボーカルが生々しく且つ、温かく豊かに響きわたり、聴き終えたとき、「やっぱり違うのー(庄内弁で「やっぱり違うね」という意味)」というお客様の声も聞こえてきました。
 

アナログ、CD、ハイレゾとお好みはそれぞれあるかと思いますが、ハイレゾの音の「感じ」については、この日、体感していただけたのではないかと思います。

 
まだまだ敷居の高いハイレゾかもしれませんが、興味をお持ちの方はぜひお気軽に当店にご相談いただければと思います。
 


さてさて、次回の試聴会は年末ごろを予定し、スタッフみんなで楽しく構想を練っております。

こちらもぜひ楽しみにお待ちください! 





最後に、今回試聴したCDのご紹介をさせていただきます。

2015年9月9日、キングレコードよりリリースされたばかりの東京キネマ・ジャズトリオ【JAZZ CINEMA FANTASY】

 
大坂昌彦(Drums)、片倉真由子(Piano)、Pat Glynn(Bass)というトッププレイヤーの熱演を高音質CDおよびハイレゾ音源でお楽しみいただけます。
 
●アメリカの名作映画を彩ったジャズ・スタンダードナンバーを収録!
●DSD 11.2MHz による驚異のハイエンド・サウンドで録音!
●腕利きのトッププレイヤーにしかできない究極の録音スタイルと高音質 SHM-CD仕様で鳥肌ものの迫力サウンドを実現!
 
KICJ-721 / 3,000+税 / 高音質SHM-CD 仕様(公式ページ

※昨年リリースされた「JAZZ CINEMA PARADISE」とともに当店でも好評販売中です。

2015/10/12 13:55 | オーディオ | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

この記事コメントはブログ管理者が承認するまで表示されません。
メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください
Audiolab TOPページへリンク

AudioLab TOPページへ

« 前月 次月 » 2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

RSS