2015年05月01日(金)

イングリッド・フジコ・ヘミングさんのコンサート

4/30、イングリッド・フジコ・ヘミングさんのコンサートへ行ってきました。

ショパン、リストなど、全く年齢を感じさせない力強さ、フジコさん独特のファッションも健在。

念願のフジコさんの生演奏を聴くことができて、感激しました!

すでにご存じの方も多いかと思いますが、よい機会ですので、この度のコンサートのプログラムを参考に彼女について少しご紹介したいと思います。

~イングリッド・フジコ・ヘミングさんについて~
 
スウェーデン人建築家の父と日本人の母を両親としてベルリンで生まれた彼女は、幼いころからピアノを弾き始め、10歳の時にはすでに「将来世界中の人々を魅了するピアニストになるだろう」と言われたほどだったそうです。
 
成長するにつれ、さらに多くの音楽家や楽団を魅了し活躍。
1968年、ドイツ紙に

「ピアノを弾くため、ショパンとリストのために生まれてきた」

と言わしめましたが、その頃のウィーンでの演奏会直前に聴力を失いました。
 
しかしその後も名声を世界中に広げているのはご存じのとおり。多くの楽団と共演を重ね、様々なフェスティバルから招待を受けて演奏を続けています。
 
また音楽活動のみにとどまらず、米国同時多発テロ後の被災者救済、アフガニスタン難民のためのチャリティ活動、動物愛護への深い関心と援助を長年続けているそうです。(K.S)

2015/05/01 18:24 | スタッフネタ〜ワタクシゴト | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

この記事コメントはブログ管理者が承認するまで表示されません。
メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください
Audiolab TOPページへリンク

AudioLab TOPページへ

« 前月 次月 » 2018年6月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

RSS