2011年02月04日(金)

オーディオスペーサーについて

バック工芸社の製品にはBASIC-modernとBASIC-oldの2種類のスペーサーがあります。
このスペーサーを脚として、スピーカーやアンプを支えることで、音が変化いたします。
これらスペーサーは、お椀型になっていますがこれにも理由があります。
黒檀特有のキンキンカンカンとした音を和らげる働きがあります。
写真は試作品ですが、材料や掘り込む穴の深さなど変えています。
試作、試聴を繰り返しながら音を決めています。

 

2011/02/04 19:08 | オーディオ | コメント(1)

コメント

  • 私もBasic-1のオーナーです。今度新型スペーサーにバージョンアップしてみます。しかし、苦労と試行錯誤の末やっとセッティングを出せたので、スタンドからスピーカーを下すのに結構勇気がいります。新型スペーサーは簡単にセティング出せますか?

    2013年06月22日 (土) 17:07 | 群馬のサラリーマン

コメントを投稿

この記事コメントはブログ管理者が承認するまで表示されません。
メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください
Audiolab TOPページへリンク

AudioLab TOPページへ

« 前月 次月 » 2018年6月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

RSS